相場の決まり方

「いくつかの業者に、外壁塗装の見積もりを依頼したけれど、業者によって料金が異なっている」と感じている方もいると思います。業者によっては、実際に作業にかかるスタッフの人数、足場、などの状態も変わってきますから、見積り料金に差が出てしまっているのは当然といえます。しかし、外壁塗装には相場があります。
では、この外壁塗装の相場は、どのように決められているのか、ご紹介しましょう。外壁塗装を依頼する際には、適性価格を提示してきている業者かどうか、判断する必要があります。適正価格かどうか判断するためには、それぞれの塗料の種類により、相場の料金を提示してきているかどうかで、判断することが出来ます。見積りを取った際には、この塗料を確認するようにしましょう。例えば、1uあたり、シリコン塗料を使った外壁塗装の場合には1,800円から2,700円が相場単価。フッ素塗料の場合には、2,700円から4,800円が相場単価。光触媒の場合には、2,500円から5,500円が単価相場。遮断熱の場合には、2,200円から3,800円が相場単価となっています。屋根の場合には、また相場単価が異なってきます。これらの相場単価よりも、高い単価を提示された場合には、そういった業者は選ばない方が無難といえるでしょう。適正価格ではない料金を提示してきていることになりますから、注意が必要となります。
このように、外壁塗装の相場をチェックする際には、塗装料の種類によって判断することが可能となります。