設計価格表と見積書

外壁塗装を予定している方の中には、業者に見積り依頼を行っている方もいると思います。「この料金は、適性な価格なのだろうか?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。
では、見積書をチェックする際の方法、設定単価について、ご紹介しましょう。各メーカーでは、それぞれメーカーが希望している価格を設定しています。そして、このメーカーの希望価格を元に、業者ではそれぞれ単価を設定していくことになります。そして、見積もりを依頼した際には、この設定単価を元にし、見積書を作成していくことになります。中には、「設定単価よりも、かなり高い料金がかかれている」と不満を抱えている方もいると思いますが、そういった方の場合には、屋根が複雑な形状となっていたり、施工数量が少ない可能性があります。一般的には、設定単価と見積書に書かれている単価は、同等の料金となっているはずですが、中にはこういった事情により、設定単価よりも高い設定となることもあります。「設定単価よりも、高い」と感じた場合には、業者にどうして設定単価よりも高くになっているのか、納得いくまで確認した方が良いでしょう。逆に、設定価格よりも、安い価格を提示してきた業者の場合には、手抜き工事が行われたりする可能性がありますので、注意が必要となります。
このように、見積書を依頼した場合には、各業者で設定している設定単価と見比べていくことで、適性な価格なのかどうか判断することも出来ますよ。