工事後の耐用年数

最近、自宅の外壁塗装を行ったという方もいると思います。一度、外壁塗装を行えば、「しばらくは、安心」と思っている方も多いでしょう。塗装工事は、準備も必要となりますし、費用もかかることですから、無事に工事が終われば、ほっとしますよね。しかし、外壁塗装は、数年おきに行う必要がありますから、今から次の塗装に向けて準備しておくと良いですよ。
では、工事後の塗装の耐用年数について、ご紹介しましょう。耐用年数は、用いる塗料によっても異なります。アクリル系の場合には、6年から7年程度。ウレタン系の場合には、8年から10年程度。シリコン系の場合には、12年から15年程度。フッ素系の場合には、15年から20年程度となります。しかし、これらの耐用年数は、あくまでも目安。それまでに、どういった天候が続いたか、紫外線がどのくらい当たっているか、などによっても、次の工事までの期間は異なってきます。また、メーカーによっても、これらの耐用年数は異なってきますので、事前に比べてみると良いですよ。更に、下地に何が使われているかなどによっても異なってきます。工事後、「次は、どのくらいのサイクルで工事を行えば良いだろう?」と思った時には、依頼した業者に確認するのが一番分かりやすいでしょう。一度、工事を行った業者であれば、外壁の劣化状態なども把握していますから、具体的な年数が分かるでしょう。
このように、外壁塗装工事を行った際には、どういった塗料を用いているか、環境によっても、耐用年数は異なってくることになります。

工事後の耐用年数関連ページ

工事の流れ
工事に適した時期
工事の期間目安