色選びについて

はじめて、外壁塗装をしようと考えている方の中には、「家の雰囲気を変えたいから、今までとは違った色にしよう」と考えている方もいると思います。しかし、家の色というのは、難しいもの。「どんな色にしようかぁ?」と迷っている方もいると思います。
では、失敗しない外壁塗装の色選びについて、ご紹介しましょう。まず、家の雰囲気、窓の色、サッシの色などを考え、家のイメージが崩れてしまわないような色から選んでいくことが大切。また、周りの街並みに合う様な色合いを選ぶことも大切となるでしょう。色のイメージが決まったら、次は色見本帳から、好みの色を選んでいきましょう。見本帳の場合には、色の面積が少ないため、「これが良い」と思って決めた色も、家に塗っていくと「イメージが全然違う」という結果になってしまうこともあります。色見本を見ていく際には、大きな面積に用いられることを考えた上で、選んでいくことが大切となるでしょう。「イメージがつかない」という時には、業者にお願いして、同じ色を用いている家などを実際に紹介してもらうと良いですよ。そうすれば、家に塗った際のイメージなども分かりやすいでしょう。中には、外壁が板張りの方もいると思いますが、板張りの場合には実際に塗ってみると、色合いが若干変わってしまうことがあります。そのため、今までと同じような色合いを選ぶ際には、現在の塗装よりも濃い目の色を選ぶことがおすすめとなります。
このように、外壁塗装の色を決める際には、家の雰囲気、街並みの雰囲気を壊さない色選びが大切となってきます。

色選びについて関連ページ

色見本帳について